合成界面活性剤不使用の化粧品とは

界面活性剤とは、水と油のようになじみにくい物質を、分子の中に親水基と疎水基もしくは新湯基をあわせもつことにより、なじみやすくさせる物質です。
洗剤の主成分として広く利用されています。
化粧品において界面活性剤は、まじりあわない成分を細かく分散して混ぜる乳化作用や油脂やクリームを均一に分散させる分散作用や、水に溶けにくい物質の濁りを透明に見せる可溶化作用などがあり、多く利用されています。
界面活性剤の中には自然界に存在するものと人の手によって合成されたものがあります。
合成界面活性剤不使用の化粧品は、天然由来の界面活性剤を使っているので合成のものと同じような効果が期待されながらも、お肌に優しい化粧品と言えます。